万一に備え、飼い主の不安に寄り添うペット保険

ペットブームが加速するにつき、ペット業界では様々な商品にニーズが増加しており、動物の健康を考えられた食品も多く販売されるようになり、今や人間と動物といった線引きが消え「家族の一員」として扱われるようになりました。動物の寿命が延びることにより必要不可欠になっているのがペット保険であり、多くの保険商品が発売されています。

ペット保険では、犬や猫に限らず、うさぎや鳥、フェレットやハムスターといった小型の動物から爬虫類まで多くの種類の動物に対応しています。対象となる年齢や健康状態は会社によってまちまちですが、過去に大きな病を患った経験がある場合は保険に加入できないケースが多いため、生後半年以内などなるべく早い段階で加入することをおすすめします。

ペット保険の保障の対象となる主なケースは、怪我や病気によって必要となった入院、通院、手術をはじめ、誤って他人を傷つけた場合や、他人の持ち物を破損させてしまった際に賠償責任が発生した際にも適用されることがあります。

将来的にペットが亡くなってしまった際には、供養に伴う火葬・埋葬といった葬儀費用や、それらの保険金を請求する際に必要となる診断書の作成費用までカバーされる商品も販売されています。

PAGETOP